ロボットアニメ

同人OKマーク | シドニアの騎士

 ←小沢さとる | 再浮上せよ! サブマリン707 →ガンダムシリーズ | 機動戦士ガンダムUC
  シドニアの騎士 (1-12巻)
シドニアの騎士 (1-12巻)
バンダイチャンネル
シドニアの騎士 一
【予約】 RIOBOT 継衛(アニメ化記念カラー)



「同人OKマーク | シドニアの騎士」

今回ご紹介するのは現在テレビ放映中のアニメ、「シドニアの騎士」
です。
原作は漫画で「月刊アフタヌーン」にて掲載。
作者は「弐瓶勉」さんです。

アニメは原作と若干違っておりますが、見応えがあって面白いですね。
余談になりますが、「進撃の巨人」の原作者の「諫山 創」さんも
「シドニアの騎士」が好きなようです。

圧倒的に強い敵と絶望的な戦闘を強いられている点は同じですし、
「ガウナ」も人型に擬態したりするようですし。

このお二人についてはあまり詳しくありません。
あまりに新しくて知らない漫画家さんなもので。

ストーリーを簡単に説明すれば──太陽系が奇居子(ガウナ)
と呼ばれる謎の生命体によって破壊されてから1000年後の世界。
地球脱出に成功した人類の一部は、種の存続を賭けて繁殖と生産
を維持しながら宇宙を旅する播種船を建造、奇居子から逃れつつ
植民可能な惑星を探していた。
播種船の一つシドニアの最下層部で誰にも知られずに生活していた、
主人公の谷風長道は、共に暮らしていた祖父の死から3年後のある日、
尽きてしまった食料探しのため、祖父の遺言を破り上層部へと向かうが、
そこで拘束される。谷風は事情を知るシドニア艦長小林の庇護の下、
人型兵器衛人の操縦士訓練生として抜擢され、正規操縦士を目指すこと
になる。そこへ100年ぶりとなる奇居子が襲来する。


この「シドニアの騎士」ですが、注目すべきポイントが二つ
あります。

それは「同人OK」マークを付けた商業作品であることと、
もう一点は「巨大ロボット漫画」なのにロボットに対する
こだわりや愛着が恐ろしく薄いというですね。

一番注目すべき点はこの「同人OK」マークを付けた漫画作品
であることです。

進撃の巨人 (1-13巻)
進撃の巨人 2
進撃の巨人 3
DMM通販でショッピング!DVD・Blu-rayは最大27%OFF!



◆ 同人OKマークとは。

この「同人OK」マークを付けることで、原作作者が二次創作に
理解を示していることを現しているマークです。
このマークが使われている作品が非常にすくなくて、「赤松健」さん
作品以外の作品ではこの「シドニアの騎士」くらいしか知りません。

「同人OK」マークですが、正確な情報をと思い、下記にネットニュース
から引用させていただきました。

※ネットニースより引用。
『同人マークは、作者が自分の作品について、ファンが2次創作同人誌
を作成して同人誌即売会で配布することを認める意思表示をするための
マーク。環太平洋経済連携協定(TPP)への日本の参加で著作権侵害が
非親告罪化される可能性が出てきている中、「警察の萎縮効果を狙う」
と赤松さんが提案し、デザインは公募で決まった。

 マークを提供するコモンスフィアがライセンス 1.0と同時に公開した
FAQでは、「(著作権侵害が)非親告罪化した場合でも二次創作同人誌を
より安心してつくることができます」といったマークの趣旨や、同人誌制作
の際には審査や登録などは不要で、コモンスフィアは同人誌の内容に
関与しないこと──などを説明している。

 同人マークは、2次創作同人誌の同人誌即売会での有償・無償による
配布を明示的に認めるものであり、「ライセンスに記載されていない
範囲についての作者の意思を表示する効果はありません」(FAQのB-01)。
つまり即売会以外(委託書店など)での配布やデジタルデータ・ネット
配信などについては、このマーク自体では禁止も許諾もしていな
いことになる。』


簡単に言いますと、今までは同人作品を作っていても、原作者が
訴えなければ著作権侵害にはなりませんでした。
ですが今回のTPP参加で、これが非親告罪化した場合は著作権者
の意志とは無関係に著作権侵害として扱うことができるのです。

つまり御上の好き勝手に、「コミケ」へ警察が立ち入り捜査できる
と言うことなんですね。

そうなってくると二次創作全てを取り締まることができますので、
「コミケ」どころか、一部のイベント以外(オリジナルオンリー)は
すべて中止になってしまうことになります。

それを危惧して、先手を打って、自分の作品は二次創作してもかまい
ませんよという意志を示すということなんです。

まだこの「同人OK」マーク自体もあまり知られていませんし、
同人、商業作家の方々もはっきりとした態度を示しておられません。
というよりも、まだ詳しいことが分からない気がしますね。

こういう点では、「コミケ」などよりも、「ワンフェス(ワンダー
フェスティパル)」の方が良く考えられていて整備されています。

「ワンフェス」のようなプラモのガレージキットのイベント即売会
では以前から当日版権システムというものがとられてきました。

これはプラモなどの版元にたいして、実行委員会などが当日の会場内
だけの展示販売などを認めてもらう制度で、サークル活動していたときも
このシステムは優れているとイベント主催者などと話していたことが
ありました。

いままさに、当時話していたことが現実としておころうとしている
訳です。
この話しをしていたときは殆ど相手にしてもらえなかったのですが。


これは対抗手段としては一つの方法だと思います。
それにしても世の中ますます生きにくくなっていくような気がしますね。

子供の頃は、未来は必ず良くなるものだと信じていましたが、時間と
ともに落胆することばかりが堆く積もっていきます。


余談ですが、アメリカなどに二次創作がないかというとそうでは
ありませんが、もともとサブカルチャーに日本のような漫画文化
がありませんから、漫画作品としての二次創作は少ないようですね。

そもそも漫画文化じたいが強くないですから。
──詳しくはありませんが──。

ただ見たことのある二次創作は、すべてエロ作品で、「白雪姫と7人
の小人」やあの「ミッキーマウス」などが描かれていました。
ただ日本と違って絵が恐ろしく上手い。

画力が半端ないというよりも、我流ではなくちゃんとした絵の勉強
をしたとしか思えないデッサン力でした(整った)。
絶対、素人ではない連中が書いているとしか思えませんでしたね。


話し戻って「シドニアの騎士」ですが、同人OKマークを付けています
が、この作品の同人作品が殆どありません。
調べてみた限りでは、1作品だけでしたね。
フタナリの騎士

イベント参加してみないことには、詳しくは分からないのですが……。

ただ萌え的要素がないので、同人受けしないだろうなとは思いますが。


魔法先生ネギま! (1-38巻)
魔法先生ネギま! 32 DVD付限定版
魔法先生ネギま! 24 DVD付限定版
魔法先生ネギま! 23 初回限定DVD付
魔法先生ネギま! 25 DVD付初回限定
MAGISTER NEGI MAGI 魔法先生ネギま!DVD-BOX 1学期
魔法先生ネギま! 麻帆良学園中等部2-A Magic 5
ネギま!? DVD3 (通常版)
ネギま!? DVD6 (通常版)
ネギま!? DVD5 (通常版)
ネギま!? DVD7 (通常版)
ネギま!? DVD8 (通常版)



◆ メカに対するこだわりのないロボットアニメ。

この「シドニアの騎士」ですが、一応ロボットアニメです。
最近の定番の呼び方をすれば人型機動兵器と言うことですね。
戦闘シーンは毎回あります。

ですが、展開の早いのもあって、この人型機動兵器が良くわかりません。
この機動兵器は衛人(もりと)と呼ばれていますが、これの違いが良く
わからない。

一八式衛人というようにタイプの違う衛人があるのですが、変形する
せいもあってより細かい衛人の違いが分かりにくいのです。

「ガウナ」に対抗できるのは「カビザシ」と呼ばれる槍だけである
のですで、細かい武装に関してもあまり詳しい解説は作中にはありま
せんでした。

もっとも原作では、作中外での「設定メモ」などが公表されており、
データーとしては他の漫画作品よりも詳しく解説されているようです。
そのせいか、アニメ作品内ではロボットアニメであるにもかかわらず
ロボットについて良くわからないという今までと違ったアニメになって
います。

これは現在放映中のアニメ、「キャプテンアース」のロボットも
同じですね。
ロボットアニメにしなくてもよかったんじゃないかというくらいです。

「ガンダム」シリーズとは真逆ですね。

「ガンダム」では、表の主役が「アムロ」や「シャア」といった
登場人物たちであるのなら、裏の主人公は「ガンダム」や「ザク」
「グフ」といった多数のモビルスーツやモビルアーマー達でした。

回を追うごとに新しいモビルスーツ(主にジオン軍)が次々と
登場しますし、作中内での解説やこだわりも半端ではなかった
ですね。

これは他のロボットアニメではだいたい同じなのですが、この
「シドニアの騎士」は別ですね。
果たして今後、「ワンダーフェスティバル」なんかで、ガレージキット
が作られるのかどうかと思います。

たいていがスポンサーの関係もあって、次々と新しいロボットが
出てくるのが当たり前になっていますから。
それらからすれば、恐ろしくこだわりがないですね。

機動戦士ガンダムの商品をお探しの方はコチラから【ララビットマーケット】
コスプレもレアアイテムも。ガンダム商品買うならララビットマーケット
ガンダム MS動画図鑑 [アフターコロニー/アフターウォー]編
ガンダム MS動画図鑑 [宇宙世紀]編 Vol.3
ガンダム MS動画図鑑 [宇宙世紀]編 Vol.2



◆ テンポの早い展開。

このテンポの早いストーリー展開は、ロボットへのこだわりのなさ
だけでなく、キャラクターの魅力に対しても言えると思います。

ここはもう少しメカにたいしての描写や解説があった方がいいや、
このキャラクターや人間関係にもう少し尺をとった方が効果的では
と思わせるところが随所にあります。

そもそも学園ラブコメやロボットものや、SFもといったいろいろ
な要素を詰め込みすぎで、これをワンクールで消化するのはどだい
無理があるのではないかと思われますね。

でもこの速いテンポの展開は、決して悪いものではありません。
だいたいが今までのアニメ、一年間続くアニメが長すぎるところが
あって、とにかくなにかと引き延ばすことをしすぎなのです。

「ガンダム」の富野監督が話していましたが、コクピット内で
キャラクターがやたらと話すシーンが多いのは時間を引き延ばす
ためだそうです。

それが意図せず、効果的になっていてかえってキャラクターを
印象付けることに役立ってしまったそうですよ。
まあ、怪我の功名なんでしょうかねぇ。


漫画もそうなんですが、昔の漫画はそんなに長くはありませんでした。
長くても、単行本で10巻もいかない作品が殆どで、「巨人の星」位から
やたらと長くなってきましたね。

「アストロ球団」にいたっては、一試合するのに一年から一年半も
かかるという笑い話のような実話があります。
忘れていたころ、ふと店頭で立ち読みすると、まだあの試合やっている
のかと驚いたことがありました(笑)。

そう言う意味では、今のワンクールアニメでは同じようなことが
アニメ全般に言えると思います。
ロボットアニメなんかは作りづらくなっているのかもしれません。

そしてこのアニメ「シドニアの騎士」は、同人関係には人気がない
ように感じます。

学園もの、ラブコメ、SF、フタナリ、触手等々、まるで同人ネタを取り込んで
いるのかという設定がいっぱいあるのですが、実際に同人にしやすい設定
を取り入れているみたいですね。

ですが、このテンポの速さと萌えの要素の弱さもあって、同人人気が
ないのかもしれません。

でも嫌いではないですよ。

今一番面白く見ているアニメでもあります。
頑張れ「シドニアの騎士」ですね。


追記。
この「シドニアの騎士」ですが、第一期の放送が終了しましたね。
と、同時に第二期の放送も発表されましたのでやはり人気の高さが
伺えます。
もちろんこの「シドニアの騎士」そのものが面白いからですが、
それでだけではないのではないかと思えます。

それは「進撃の巨人」でもそうなのですが、ある種時代が求めている
ものではないかと思えてきます。
圧倒的に強力な敵に追い詰められて、絶望的な戦いを強いられている
というような。

これについては、過去の漫画作品にも同じティストの作品もありますので
その時代の背景も含めていずれ触れてみたいと思います。




少年漫画も青年漫画もオンラインコミックを100円レンタル、電子貸本Renta!
新品/中古コミック・本を買うならエンターキングオンライン
大人の総合情報誌、SPA!最新刊をマガストアで!



◆ お知らせ。

これはこの「迷走エッセイ」かのお知らせです。

今、この「迷走エッセイ」の分室を制作しようかと企画進行して
おります。
それというのも、TPPや東京オリンピックによって、ますます
同人への風当たりが強くなってくるのが見えています。

最悪、もしかすれば同人作品そのものが作れなくなってくることも
考えられます。

ですから少しでも盛り上げようと同人人気がある、または同人人気
が出そうなアニメや漫画作品だけを新旧取り混ぜて紹介していきたい
と考えています。

この「迷走エッセイ」ではどうしても、古い漫画作品などももっと
取り上げていきたいので、同人人気とは関係ない作品が多くなり
ますから。

この時代だから読んで欲しい漫画や、このまま過去に埋もれさせたく
ない名作が沢山あるのです。

分室は、同人人気に的を絞って解説して行きたいですね。






【予約】 RIOBOT 継衛(アニメ化記念カラー)
【予約】 RIOBOT 継衛(アニメ化記念カラー)


シドニアの騎士 1/100 一七式衛人 白月改 継衛 Animation Ver. プラモデル[コトブキヤ]《10月予約》



スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【小沢さとる | 再浮上せよ! サブマリン707】へ  【ガンダムシリーズ | 機動戦士ガンダムUC】へ