FC2ブログ

アニメ

OBSOLETE(オブソリート) | リアルなファーストコンタクト

 ←アクダマドライブ(Akudama Drive) | ぴえろオリジナルアニメ →囚われた国家(とらわれたこっか、原題: Captive State) | 侵略テーマのSF作品









OBSOLETE
オーディオブック配信サービス - audiobook.jp

古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
31の専門チャンネル見放題!dTVチャンネル

退職代行「EXIT」
復刊ドットコム

TAMIYA SHOP ONLINE

人気コミックを全巻セット


『OBSOLETE(オブソリート)』




今回はWeb公開アニメの「OBSOLETE」です。

原案、「虚淵玄」さん。
製作、「武右ェ門」さん。

YouTube Originalsとして、1話あたり12分ほどのオムニバス形式
で配信。前編エピソードは2019年12月3日に配信、後編エピソード
は2020年冬に配信予定。



あらすじ・概要──。

2015年、アフリカのアンゴラで勃発した「第3次カビンダ紛争」にて、アメリカ軍が現地のエグゾフレームと初の戦闘に遭い、敗北(第2話)。この一件以来、エグゾフレームの軍事転用の可能性に世界が注目するようになる。

2016年、パキスタンのエグゾフレーム採用を受け、インドが協定から離脱し軍事用エグゾフレームをインド陸軍に導入させる。シアチェン氷河にて同国山岳特殊旅団がパキスタン側の工作員と思しきエグゾフレームと交戦する(第3話)。アフリカの開発途上国などを中心にエグゾフレームの紛争投入が急増し、少年兵が使い捨ての搭乗員として利用されるケースまで出てくる(第5話)。

2017年、エグゾフレームを取り入れたアフリカ連合諸国などは経済発展を遂げたが、協定締結国では自動車や重機の輸出量低下のために長期的な不況に陥り、ラテンアメリカでは政情不安が生じる。エグゾフレーム・テロが世界的に激増し、特にペルシア湾の製油所などが標的にされたことで原油価格が上昇する。各国の対応が遅れるなか、同じくエグゾフレームを擁する民間軍事会社が台頭していく(第4話)。

2023年、エクアドルとペルーの間を流れるセネパ川(英語版)の国境紛争が長引いたことを受け、アメリカ合衆国が秘密裏に武力介入する(第1話)。



ASAHIネット WiMAX2+詳細をみる

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com










◆迷走解説。




今回の「OBSOLETE」は設定その他が大変に面白い作品です。
アニメ用のオリジナル作品ですが、「YouTube」で公開されている
作品です。

テレビアニメではありません。

ここから発展してテレビシリーズへと発展するのか、映画アニメとなるかは
まだ分かりません。
アニメ製作することを一番の目的にしておらず、ロボットのプラモを製作販売
をするために作られているような側面があるからです。

個人的にはしっかりとした尺のアニメ作品で見てみたいというのがあります。

以前は「キャットシットワン」というアニメが全編「YouTube」で無料公開
されてグッズや関連商品で利益を得ようとした作品がありました。
新しい試みでしたが、これに続くアニメがないのであまり成功したとは
言えなかったのかと思っていました。

ただウェブ公開の作品は我々のような一部の人間に支持される作品作りが
できるのではないかと思えます。


「OBSOLETE」は「エグゾフレーム」と呼ばれるロボットの物語です。

ですから商品展開がしやすいと思いますので、資金回収などはやりやすい
のではないかと思えます。
もっと「YouTube」などWebを活用した作品へのアプローチがあっても良い
だろうとずっと考えていました。


このアニメの魅力は大きく分けて二つあります。
一つは異星人との「ファーストコンタクト」、もう一つは壊れる
リアルなロボットの魅力です。

壊れるロボットというのはこの作品の魅力の一つとしてはとても大事
です。
制作側は殆ど自分よりも年下の世代になっていますが、自分たちのような
オールドファンには「鉄人28号」というロボットアニメがありました。

これは壊れるロボットで、操縦器で操作して動かします。
操縦器を奪われると敵にも味方にもなる、道具として使うロボットでした。

それが「マジンガーZ」の登場で、搭乗して操縦する乗り物としての
ロボットが人気になり、これが壊れないロボットへとシフトしていく
切っ掛けになりました。

壊れないロボットは兵器としての魅力に欠けると感じます。

これが大人気で大量生産されましたので、こちらの方が視聴者に
は受けがよかったのは間違いありません。
巨大ロボットは皆このタイプで、自分のようなものには不満が残る
アニメでした。

この「エグゾフレーム」はまさに壊れれば使い捨てる、道具としての
ロボットの魅力があります。
これは「装甲騎兵ボトムズ」や「太陽の牙ダグラム」と同じで、まさに
兵器としての魅力があります。


もう一つの特徴、これが自分的にはヒットしたのですが「ファースト
コンタクト」です。

異星人や異星文明との出会いはSFの創世記からあるテーマでした。
ですが殆どが侵略者としての異星人との出会いで、時々、友好的な
異星人との出会いが描かれるくらいです。

どちらにせよ一方的な視点で描かれています。
これにはSF好きは不満をおぼえている人は多いと思います。

いまだに「グレイ」のような裸の宇宙人と言うのはあり得ないと
思いますし、疑問に感じないのかと学生時代からずっと思っています。
学生の頃SF好きの仲間と、妖怪と一緒にするなと話してました。

我々が学生の頃は、UFOが大ブームになっていました。

これは小学生くらいから続いている人気のブームなのですが、とにかく
テレビでも加熱していましたし雑誌やなんかでもどれだけ取り上げられて
いたか。

学生たちも信者かというくらい信じているものがいました。

総じて言えるのは「UFO」が地球に来ているとかいないとかは別で、
誰もが現実的に考えていなかったのが特徴的です。
信じ切っているものも、リアルなものとして考えておらず希望や願望
だけで話していましたね。

本人には自覚がなかったようですが。

SF好きは現実的にもし異星人がいたらどういう生物か、なにを目的に
地球へやってきたのかを考えます。
そうやって考えていくと、異星人が太陽系内へやってきても地球文明
とコンタクトするかという疑問がでできます。

今の人類でも石器文明や四足歩行、または昆虫から進化したような
生物の文明と接触を図ろうとするのかという疑問がでてきます。

そもそも意思の疎通そのものができるかどうかも怪しい。

ましてや地球内でさえも、異文化との接触は不幸しか招かなかった。

地球の近くを通り過ぎても何の関心も示さず通り過ぎていくことも
ある訳で、UFO好きはこれを認めないと言うよりも許さないのです。


「OBSOLETE」の異星人とのファーストコンタクトは、一方的な交易であり
友好関係の締結でも侵略でもありません。
石灰岩1トンと引き換えに汎用ロボット「エグゾフレーム」を提供すると
いうものです。

「エグゾフレーム」は使い古されたものを提供されているようです。
地球人用に開発されたものでないことから、異星人は人間と同じ人形の
生物であることが分かります。

異星人そのものも宇宙船も作品ないでは登場してきません。

また動力源が未知のもので電気もガソリンも必要ではなく、夢のような
汎用ロボットであることが分かります。

それを兵器にかえるのはこのフレームの上に何をのせるかで、それらは
地球側のテクノロジーに頼っています。

歩兵がAFVなみの戦闘力を獲得できるわけです。

これは発展途上国にはありがたいはずです。
裸同然で先進国の軍隊と戦っていたのと立場が逆転するでしょう。

ただし二足歩行兵器の欠点で、あまり重くできないというのがあります。
重くしてしまうと動きが悪くなるだけではなく、不整地の移動ができなく
なるどの欠点が出てきます。


作品ないでも指摘されていますが、「エグゾフレーム」の優位性は先進国
も使い出すとその優位性が失われていくことになります。

これを侵略として物語を展開すると開発途上国へもっと優れた
「エグゾフレーム」を提供して世界侵略させて異星人と発展途上国で
分割統治するというシナリオもあり得たと思います。

個人的にはド定番である正義の象徴のような人形ロボットが悪になるの
で好感の持てる展開になるのですが、異星人は国籍や人種を選んでいない
ので侵略ではないようです。

「OBSOLETE」ではこれらの人気のシナリオは用意されていないようなので
さらに人気がでるかどうかは疑問ですね。

かなり現実的な考証が重ねられて作られているものと思います。

自分のような一部の人間には支持されるでしょうが、全体としては
あまり人気の出ないアニメになるかも知れません。
個人的にはとても応援しているアニメではありますが。


それでは次回にまたお目にかかりたいと思います。

国内最大級のキャラクターオンラインストア

業界最安値宣言!高性能・低価格のパソコン通販は【UsedFun】














同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com








スポンサーサイト






記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【アクダマドライブ(Akudama Drive) | ぴえろオリジナルアニメ】へ  【囚われた国家(とらわれたこっか、原題: Captive State) | 侵略テーマのSF作品】へ