FC2ブログ

アニメ

魔王城でおやすみ(まおうじょうでおやすみ) | 快眠ギャグ作品

 ←囚われた国家(とらわれたこっか、原題: Captive State) | 侵略テーマのSF作品 →劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 | 日本歴代興行収入一位

 







魔王城でおやすみ
FANZA(ファンザ)
古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード
TAMIYA SHOP ONLINE

人気コミックを全巻セット

退職代行「EXIT」
復刊ドットコム


『魔王城でおやすみ(まおうじょうでおやすみ、英題:Sleepy Princess in the Demon Castle)』



今回はアニメ「魔王城でおやすみ」です。

原作は漫画で「週刊少年サンデー(小学館)」にて、2016年24号より
連載中の作品です。

原作者は「熊之股鍵次」さんです。

Webでも作品公開されています。

https://www.sunday-webry.com/



概要・あらすじ──。


かつて、人と魔が存在していた時代。魔王は人間の姫をさらい、この世を支配しようとしていた。人々は怒り、悲しみ、姫を救うため勇者は旅立つ。そんな中、檻の中で姫は思った。
「寝る以外、することがない。」
安眠を求めて囚われの姫は、今日も魔王城で好き勝手するのであった。




作風──。


姫があの手この手でよりよい安眠を求めて奮闘するショートコメディ。本作はロールプレイングゲームの要素を含んだファンタジーの世界を舞台にしている。また、王道ファンタジーを皮肉るギャグがあるのも特徴である。

デビュー作の時から担当をしている編集者から、「何を描いてもマニアックなものになるから、学園やRPG世界のようなメジャーな舞台にしよう」「魔王城で囚われの姫が安眠を模索する話ってどう?」と言われ、そのまま採用して本作が生まれた[3]。その時熊之股はRPGのゲームをやったことがなかったため、当時最新作であった『ドラゴンクエストモンスターズ2 イルとルカの不思議なふしぎな鍵』を途中まで遊んでネームを作った。また、本作以前に女性キャラクターを描いたことがなかったという。

担当編集者曰く、「魔王城でおやすみ」は、人質の姫が被害者なのに好き勝手やるというギャップが面白かったのがフェーズ1、姫が魔物と仲良くなって一人ずつと関係性を築いたのがフェーズ2、姫がいることで魔物同士の関係のもつれが解消されてより良い魔王城になっていくのがフェーズ3であり、2020年現在はフェーズ3の段階だという。



【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

スヌーピーやミッフィなどキャラグッズ10000点










◆迷走解説。




今回はアニメ、「魔王城でおやすみ」です。

この原作はWebでも公開されていますから、時々、読んでいました。
本当にショートショートのような物語で、アイデア命だなという感じ
を受けています。

発想がなかなか出てこない作品ではないかと言う気がします。
ショートストーリーはだいたいそうなんですが。


このブログで何度も書いていますが、美少女アニメは好きではありません。
美少女アニメが悪いとかではなくて、とにかくあまりに多すぎて辟易
させられているからです。

サークル活動していたとき、美少女アニメ好きのファンがものすごく多
かったのですが、実際に話してみるとその「好き」がアニメが「好き」
ではなくて二次元アイドルが好きだったのです。

自分たちも意識して美少女キャラクターを取り入れようとしていましたが、
そのアプローチの方向がまったく違っていました。

ストーリーや設定、世界観などで話をする自分たちとは全く違って、
まさにアイドルの追っかけのようなアプローチでした。

そのとき、ではいっその事アニメでアイドルデビューを目指す美少女
キャラを使って作品を作れば良いじゃねえかと半ば怒りを感じながら
何度も話していた時があります。

ですから今の「ラブライブ!」を「今更」と思ったほど予想もして
いたのですが、今思えばなぜ自分たちで作らなかったのかという気も
します。

架空のアイドルという発想はあったのですが、それで同人誌を作ろうか
という動きがなかったですね。

一部近いものは作ったのですが。

これは「ガールズ&パンツァー」と同じです。
発想はあっても、制作するまでのもう一歩がたらなかったと強く感じます。
そのもう一歩が我々の最大の弱点でもありました。


話戻ってこの「魔王城でお休み」を少し違った視点で分析すれば、
これは典型的な「トリックスター」だと言えると思います。

「トリックスター」とはユング心理学ではよく使われている考え方
なのですが、多くの有名な作品には登場してきます。

ざっくりと説明すると、一見おふざけやおかしなキャラクターは、膠着
している関係を上手く動かす潤滑油のような存在でもあるといった考え
方なのです。

これは作品製作をやっているとこだわりが強いと物語が進まないような
時があります。
ですがこの「トリックスター」的なキャラクターを使うことで物語りが
スムーズに動き出したりするときがあります。

我々のように物語を作ろうとする場合、外して考えることができない
存在でもあります。


それに姫の傍若無人と勇者や魔族のポンコツぶりが、ゲームなどの
パロディ色が強くて面白いですね。
こういう皮肉ったような視点は好感を持っています。

ちょっと見習って作ってみたいと思った作品でもありました。



今年はコロナにかき回されて、瞬く間に過ぎ去った一年でした。
それでもこのブログにお付き合いくださいました方にはお礼を申し上げたい
と思います。

来年は一月一日配信の予定ですが、先週からPC関係に不調が生じ諸々
振り回されています。

このブログの更新を期待されている方はいないと思いますが、場合に
よっては予定がズレかも知れませんので悪しからず。

コロナ禍のおり無駄な出費は控えたいのですが、頭が痛いです。

それでは良いお年をお迎えください。
来年もよろしくお願いいたします。



聴ける!遊べる!絵本読み聞かせアプリみいみ(GooglePlay)

家電のレンタルなら【モノカリ】














同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com








スポンサーサイト






記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【囚われた国家(とらわれたこっか、原題: Captive State) | 侵略テーマのSF作品】へ  【劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 | 日本歴代興行収入一位】へ