ロボットアニメ

ガンダムシリーズ | ファーストガンダム

 ←ガンダムシリーズ | 機動戦士ガンダムSEED&SEED DESTINY →ガンダムシリーズ | ファーストガンダム 続き

ROBOT魂 <SIDE MS> Zガンダム
ROBOT魂 <SIDE MS> Zガンダム

MG 1/100 RX-78-2 ガンダムVer.3.0 (機動戦士ガンダム)



DVD・Blu-ray ガンダム関連
動画 ガンダム関連
ホビー ガンダム関連
ゲーム ガンダム関連
本・コミック  ガンダム関連
DVD/CDレンタル  ガンダム関連
同人作品  ガンダム関連


「レジェンドアニメ | 機動戦士ガンダム」

今回のガンダムの記事の最後は、「ファーストガンダム」です。
すべてがここから始まりました。
監督は、「富野由悠季」さんでこれで一気に「富野由悠季」監督と
いう名前を世に広めましたね。

主人公は「アムロ・レイ」、適役の「シャア・アズナブル」はあまりにも
有名です。
「ガンダム」のコンテンツの主役は「ガンプラ」だったとしたら、「ガンダム」
の作中の真の主人公は「シャア」ではないかと思えるほどです。
実際、「宇宙世紀」のガンダムでは「シャア」を軸として展開しており、
「アムロ」など主人公は作品ごとに替りますが、「シャア」だけは
名前を変えて重要な役で登場してきます。

二枚目の「悪役」「敵役」は以前からいましたが、「シャア」の登場に
よって二枚目の敵役という構図が定着してしまった感じすらあります。
またロボットアニメの敵役は、なぜかイケメンが多いですね。

この「ガンダム」は「無敵超人ザンボット3」、「無敵鋼人ダイターン3」
に続く日本サンライズのオリジナル作品第3作(ロボット第1期3部作の3作目)
として、富野喜幸(現・富野由悠季)を監督に据え、玩具メーカーのクローバー
をメインスポンサーとして企画・制作されたものです。

対象年齢を従来より引き上げた、ロボットものとしては最初の作品
だったそうです。
もちろん他にも多数のアニメ作品に関わっていらっしゃるのですが、
どうしても代表作となるとこの「ガンダム」となってしまいますね。

ただ「ダイターン3」や「ザブングル」といったロボットものがすごく
多い方でもあります。
こうなってくると、もう、ロボットアニメの監督と呼んでも良いんじゃ
ないかと思うほどです。


ここでちよっと脱線しますが、お笑いのコンビに「ザブングル」
っていうコンビがいますよね。
もしかしてアニメの「ザブングル」から名前をもらったものでは
ないですかね。
戦闘メカ ザブングル 関連

「悔しいです!」の顔が、登場キャラクターにとても似ているのです。
初めて見たときからずっと気になっていました。
知っている方がいたら、教えてください。


話し戻って、このファースト「ガンダム」に関してはマニアの方も
いらっしゃるので内容へは深く入らないでおきます。
リアルタイムで見ていますし、その影響も実体験していますので、
「迷走エッセイ」的な解説を続けたいと思います。

今ではガンダムビジネスと言ってよいほどで、これほど成功した
ロボットアニメのシリーズはありません。
今でもバンダイではダントツの売り上げを誇っているほどですから。

近いものでは「マクロス」があるのですが、「ガンダム」ほど多作
もされていないですね。
「マクロス」に関しては、もっと頑張って欲しいのですが……。
──頑張れマクロス!──
マクロス 関連


この「ガンダム」シリーズに関してはいろいろと「富野」監督は
言いたいこともあるようですが、どうもバンダイとの契約の問題が
あるらしくて、言いたいが言えないようです。

そのせいか、いろいろと過激な発言をされる方なのですが、「ガンダム」
に関しては湿り気味の発言になるようですね。

名作の影にテレビ局やらの思惑が抜けていたというのがけっこうあるの
ですが、この「ガンダム」もその好例ですね。
時間帯がアニメを見る時間帯ではなかったのです。

記憶がはっきりしませんが、確か夕方の4時か5時だったと思います。
実際のところ、「ガンダム」の第一話を見逃しており、友人から緊急で
「ガンダム」の情報が入ってきて慌てて見た記憶があります。

当時はまだ家庭用ビデオが普及していませんでしたから、見逃す
ことも多くありましたね。

当時の制作裏話の記事なのですが、今のネットで調べるとこの記事
とは違う記述があるので、どちらが正しいのかは分かりませんが、
この時間帯はアニメを見るものがいないだろうと思われていたそうです。

もともとアニメはテレビ局のある種、番組を埋めるためのだけに作られて
いるところもあって、大変低予算。
いわゆるゴールデンタイムのように視聴率をとれるコンテンツとは認め
られていなかった。
それが故に、今のアニメーター達の低収入の悲惨な職業となっている
のですが、今のようにテレビ局が力を入れるコンテンツではなかった
訳です。

ですから好きなものを作っても良いという自由さがあって、ノーマーク
が名作誕生の裏には隠れていたりするのですね。
それが故に制作サイドはスポンサーを探してきたりと、大変らしいですが。

それでも本放送では視聴率が奮わず、スポンサーに「シャア」を
死なせて下ろせとか、足を引っ張ることばかりを言われていたそうです。
そのために当初よりも、放送回数も少なくなっていますし、見ていた
時も「ちよっと変な長さで終わったな」と感じたものでした。

ですが、人気が後でどんどん出てきて、本放送が終わる頃から
「ガンプラ」人気に火が付きました。
今では「ガンダム」は巨大ビジネスになっているのですが、当時
から見てるとそれ見たことかといいたくなってきます。

これは業界裏話で良くあるのですが、オモチャ会社や編集部は
作品の魅力と人気を理解できずに打ちきり、てこ入れという
妨害をすぐにする。
でも作品が終わってから初めて人気が理解できて、慌てて続編
のようなものを作るなどということが多いのです。

ご自分達はプロだから分かっていると思っているようですが、
もっとも無理解なのもこの人たちですね。
こういう人たちが集まってこの監督でこの声優でとお膳立て
だけをして、金をかけて都合良く(売れ行きだけを計算して)
作る作品の多いこと。

そして殆どが失敗しています。
入れ物を作っても中身をまったく作っていなですから。

こういう干渉がなくノーマークな状態がもっとも名作を生み出し
やすい環境だといえると思います。

無敵鋼人ダイターン3 関連
無敵超人ザンボット3 関連
コスプレもレアアイテムも。ガンダム商品買うならララビットマーケット



◆ ガンプラ──ガンダムプラモデル──。

「ガンダム」を語る上で、この「ガンプラ」を語らずして
話しは進みません。
今や「ガンダム」は巨大コンテンツに成長しています。

ある意味、ガンダムの主役はこの「ガンプラ」といっても過言では
ないからです。
おそらくオモチャ会社にとっては、まさに「ガンプラ」こそが
主役でしょうし。

当時のことを振り返ると、「ガンプラ」の生産がおいつかなくて
あたらしい工場を建設したほどです。
オモチャさんから「ガンプラ」が売り切れましたからね。
「エヴァ」と違って本当の社会現象でした。

それほど「ガンプラ」は売れたし、今も当時ほどではないでしょう
が売れ続けているわけでもあるわけです。
ですから制作する側としては、なんとしても新作を作らなければ
ならない。

「機動戦士ガンダムUC」は完結しましたが、今度は14年ぶり
「ターンAガンダム」いらい初めとなる「富野」ガンダム。
「ガンダム Gのレコンギスタ」がテレビシリーズ始まるそうです。

これに関しては、まだ始まっていませんし詳しいことは後から
また取り上げたいと思います。


この「ガンプラ」の影響力はとても大きく、子供の頃ガンプラを
作っていて造形の仕事へ就いたというプロの方が本当にいるんです。
そういう人を知っています。

また当時、「ホビージャパン」や「モデルグラフィックス」といった
プラモデル雑誌に多くのオリジナル作品が掲載されていましたね。

「ジ・オング」の完成型の足つきは言うに及ばず、他のプラモ部品を
流用しバーニアを多数付けた「高起動ザク」や火力支援に特化した
火力支援型「グフ」とかそれこそ考えつく限りのオリジナルモデル
が百花繚乱と花開いていました。

MS同士のパーツを流用したり、入れ替えたりとわりと簡単に
カスタマイズすることもできていろいろと作られていましたよ。

上手いのはこれが後に「ザクⅡ」や宇宙戦闘用「ズゴック」といった
ように、ガンダムシリーズの本編に取り込まれていったことですね。
こういうファンと制作サイドが一体になっているのも、「ガンプラ」の
特徴ではないでしょうか。

未だに、プラモの世界では、モデラー達がオリジナルの「ガンプラ」
を作り続けていますから。
もっともガンダム以外では、殆どが「ジオン軍」のMSですけどね。


連邦軍のMSは、今も昔も人気ないですね。
ガンダム以外は見向きもされません。

水中戦用ボールとか、陸戦型ボール(?)とか誰かギャグで作ってくれれば
良いのに。
ジムにしても火力支援型のようなものがあるだけで、「連邦軍」のMSは本当に
数が少ないですからね。
「ジオン軍」イコール敵メカ、ヤラレメカで多数のMSでもないでしょうに。


ですから新しく作った「ガンダムシリーズ」が人気がでるでないに関わらず
制作側は定期的に新しい「ガンダム」作品を作る必要があるようです。

簡単にいってしまうと、もっと儲けてやろうと言うことだと思います。

【いーあきんど】のらくらく宅配買取

メーカー直販コスプレサイト

国内最大規模のメイドカフェ




◆ ロボットアニメの変遷。

この「ガンダム」はロボットアニメにとって、エポックメイキング
な作品でもありました。

簡単にロボットアニメの変遷を解説すると、アニメ放送が始まって
すぐのころは「鉄人28号」や「鉄腕アトム」という外から遠隔操縦
するかアトムのように優れた人工知能によって自我をもった自立型の
ロボットが主流でした。
鉄腕アトム  関連

面白いことに、時代が遡るほどロボットは高性能なんですね。
鉄腕アトムは自立して考えるロボットですし、「鉄人28号」
に登場したロビーもまた人工知能を持ったロボットでした。

人間に反旗を翻し、ロボットがロボットを作っていましたらね。
鉄人の操縦機を奪おうとしていましたね。
そういう意味では、「新造人間キャシャーン」のアンドロ軍団も
同じです。

「ガンダム」は人間が乗って操縦していますから、性能的には低機能
なメカなんです。

次に来るのが「マジンガーZ」で、これにより巨大ロボットアニメ
ブームがやってきました。
マジンガーZ  関連

このマジンガーZから、ロボットに人が搭乗し操縦するようになった
のです。
超合金ロボシリーズがホビーで作られるようになったのも、この頃から
ですね。

正直、あまりに巨大ロボットアニメが多作されすぎて見ている側と
してはウンザリさせられました。
また「巨大ロボット」かよといった感じで頭が痛かった。

「ゲッターロボ」や「大空魔竜ガイキング」、「惑星ロボ ダンガードA」
「マグネロボガ・キーン」「UFOロボ・グレンダイザー」
「ゴワッパー5 ゴーダム」「超電磁ロボ コン・バトラーV」
などetc.です。

ゲッターロボ  関連
大空魔竜ガイキング  関連
惑星ロボ ダンガードA  関連
マグネロボガ・キーン  関連
UFOロボグレンダイザー  関連
ゴワッパー5ゴーダム  関連
超電磁ロボ コン・バトラーV  関連


この人が乗るロボットというが見る側としては受け入れやすかった
ものと思われます。
これ以後、作られるロボットアニメのほぼ全てが人が搭乗するという
スタイルで制作されています。

ゾイドのように人型ではない動物形態のロボットでさえも、人間が
搭乗して操縦するものとなっています。

その中では、古くは「ゴールドライタン」、またハリウッドで実写
映画化されて大ヒットした「トランスフォーマー」はどちらも機械
生命体で自立したロボットという珍しい作品です。

黄金戦士ゴールドライタン  関連
トランスフォーマー  関連


この「トランスフォーマー」ですが、日本のアニメですから自慢気
にハリウッドで実写化されたという業界の人が多いのですが、
ハリウッドに認められたと自慢するのではなく、日本で実写化でき
なかったと悔しがらなければハリウッドと肩を並べるなんてことは
あと100年かかっても無理だと思います。


そしていよいよ「ガンダム」なのですが、自分たちSFファンと
しては「宇宙の戦士」のパワードスーツのようなロボットの出現
として当時は話題になっていました。

「宇宙の戦士」とはもう古典になってしまった有名なアメリカの
SF小説で作者は「ロバート・A・ハインライン」。
ロバートAハインライン 関連

この「宇宙の戦士」を「ガンダム」の制作関係者に紹介したのは、
スタジオぬえの「高千穂遥」さんでした。

「高千穂遥」さん、今腰痛で苦しんでいますけどね。
……ちょっと脱線……。


この小説に登場する装着型の戦闘スーツ。
それがパワードスーツで、そこから搭乗型の人型兵器である
モビルスーツが生まれたと言うわけです。

アメリカと日本の違いで、日本のアニメファンはとにかく人型メカ
が異常に好きです。
それに比べてアメリカでは、「ナイト2000」のように車型のロボット
というよに、非人間型のロボットの方が受け入れやすいのです。

なぜ「トランスフォーマー」だけがアメリカで人気を獲得したかは、
ここにあります。
今でこそけっこう「ガンダム」も海外でも人気がありますが、
もともとはあまり人気のなかったアニメでした。

人型メカが浸透するのにかなり月日を要していますし、やっと
「パシッフィックリム」というような実写の巨大ロボットが作られる
ようになりました(日本のアニメが原作ではありませんが)。

でも、決して日本のように大人気ではありませんでしたよ。
続編も作られますから人気はあるのですが。
面白いことに、中国で大変人気が出たそうですよ。
アメリカ国内を狙ったのではなく、海外受けを狙った作品だった
そうです。
「トランスフォーマー」はアメリカ国内でも人気のあるアニメでしたが。

残念なのは、「ゾイド」がダメなのかなという思いがあります。
知らないだけかも知れませんが、動物型ロボットの方がアメリカ
では人気が出るんじゃないのかなと思っていたのですが。
ゾイド 関連


そしてこの人型兵器ですが、今でこそライトノベルなどでも書かれて
いますが、正直、今までは人型戦闘兵器はアニメばかりが多くて、
漫画でも小説でもあまり描かれてきませんでした。
アニメと連動企画で漫画化されることはあっても、漫画発信のロボット
は少なかったですね。

「鉄人28号」の「横山光輝」作品は多くのロボット漫画を作って
いますが。
横山光輝  関連作品


「マジンガーZ」は漫画発信ですが、「怪獣」もまた同じですね。
漫画または小説発信の怪獣作品は殆どありません。
映像化されて連動企画で漫画はありますが、小説に関しては殆ど
なかったですね。

「トランスフォーマー」の実写映画などが現れたからなのか、
最近では「ダイナミックフィギュア」といった巨大ロボットが
登場するライトノベルもあります。
ダイナミックフィギュア 関連

パワードスーツのような戦闘スーツが登場する小説も少しですが
出てきていますね。

ただ作る側としては、巨大ロボットは見るもので読むものでは
ないだろうというのがあったのだと思います。
文章表現にして面白いのかというのがまず頭に浮かびますから。

──さて、話しはつきないですが、長くなっています。
もう一回、続きとして「ファーストガンダム」の続きを迷走解説した
いと思います。

予定よりも、長くなってしまいました。




スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人
記事一覧  3kaku_s_L.png コミケ
記事一覧  3kaku_s_L.png 同人イベント
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ文化
記事一覧  3kaku_s_L.png コスプレ
記事一覧  3kaku_s_L.png アイドル
記事一覧  3kaku_s_L.png ボーイズラブ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタク文化
記事一覧  3kaku_s_L.png アニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png ハーレムアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png 漫画
記事一覧  3kaku_s_L.png ロボットアニメ
記事一覧  3kaku_s_L.png オタドジ
記事一覧  3kaku_s_L.png 特撮
記事一覧  3kaku_s_L.png 実写化作品
記事一覧  3kaku_s_L.png 小説
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム
記事一覧  3kaku_s_L.png 閑話休題

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ガンダムシリーズ | 機動戦士ガンダムSEED&SEED DESTINY】へ  【ガンダムシリーズ | ファーストガンダム 続き】へ